• 駅ノート絵師の情報サイト

因美線の旅、最後に立ち寄ったのが知和駅です。
美作河井駅から一つ津山寄りの駅です。
美作河井駅と同じく、ローカルな駅舎が特徴です。

この駅にも駅ノートが設置されています。
いろんな方がこの地を訪れ、いろんな方がコメントや作品を残されていました。

知和駅には過去に何度か訪問させていただき、その都度描かせていただいています。

今回描いた絵は、実は一度描いて、ペン入れ直前に全消しして描き直したものでした。
実は知和駅では「小さな世界観」をテーマに毎回描かせていただいていました。
知和駅で見つけた小さなものにキャラクターを当てはめて描く作風です。

3作目は、小さなキャラクターを、知和駅の庇の上に座らせて、お花見を楽しむ所を描きましたが、もし小さな子が真似して落っこちて怪我でもしたらかわいそうだなぁと思い、全消ししで今の当たり障りのないイラストになってしまいました。

絵は、見た人の解釈は自由で、それが作者の意図しない方向に見られるのもよくあることです。
それが絵の面白いところでもあります。
でも、絵が元で万一事故につながったら、描く側も見た側もだれもいい思いはしません。
今回はそんなことを思いつつ、描かせていただきました。

ところで、知和駅でお絵描きをしていると、ツイッターのフォロワーさんの、うさぱんさんとお会いする事ができました!!
私と同じく駅巡りをされているようで、色々、お話が聞けてよかったです。
この後再び美作滝尾駅で合流して私は津山へ、うさぱんさんは鳥取へ向かわれました。
本当に楽しいひと時でした。ありがとうございました。記念写真を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です