• 駅ノート絵師の情報サイト

那岐から一駅、岡山寄りにある美作河井駅。
駅間には那岐山があり、岡山県と鳥取県を分けています。
鉄道は那岐山の北側を通るルートで、3キロほどの長いトンネル物見トンネルで結んでいます。

しかし車の場合は、那岐山の北側の物見峠を超えるルートか、那岐山の南側を通る国道で迂回するルートしかありません。
鉄道なら10分弱で着く距離も、車の場合は1時間ほどかかります。
物見峠は冬季通行止めになる難所で、さすがにレンタカーで峠越えする自信もないので、国道を迂回するルートを進むことにしました。

ゆっくりドライブできるのは車の良いところ。
津山市内まで戻りコンビニに寄ったりしつつ、美作滝尾駅付近から因美線沿いにすすみます。
2時間弱かかり、美作河井駅に着きました。

駅は木造のとても雰囲気のある駅です。
何年たっても、その雰囲気、佇まいは、駅舎好きとしてたまりません。

駅はもともと島式ホームの交換駅でしたが、駅舎側の線路が廃止され、線路も撤去され、駅舎寄りは立ち入りも可能です。
奥の方はタイガーロープがあるのでその先は立ち入り禁止のようです。
撮影していると、何組かのご家族が訪問され、写真に納めたり、思い思い駅舎を楽しまれているようでした。
人もいなくなったところを見計らって、駅ノートを描かせていただきます。

実は、このあたりの桜はまだつぼみ。
この日は曇り空でぽつぽつ降ってきそうな空模様、そして肌寒い。
桜はもう一足早かったので、とても残念でした。
そこで絵だけでもと、満開の桜をイメージして描かせていただきました。

駅ノートには他のイラストもたくさん描かれていましたのでご紹介します。

私も過去何作か描かせていただきました。
本当にいつもありがとうございます。

ところで、河合野好さんの作品の「美作かわいい」の意味わかります?

コメントに困りましたが、くすっと笑ってしまいました・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です