• 駅ノート絵師の情報サイト

2021年5月9日 夕方から筒石駅を訪問し、気が付くと夜になっていました。
けっこう怖がりな私ですが、夢中になって絵を描いている時は怖いとも寂しいとも何とも思わす、ただ虫の音を聞きながら黙々と描いていました。

駅ノートイラスト23作目と同様、今回も内輪で悪乗りして遊ぶお絵描き、えきのての仲間内では「駅ノートバトル」などと呼んでいますが、要は前のメンバーの描いた作品をリスペクトし、オマージュして描く、えきのて仲間内の遊びを楽しんでいました。

今回は、以前、駅ノート絵師仲間の木葉きろはさんが筒石駅の駅ノートに描かれた作品を、ポーズと構図そのままに私のキャラクターに置き換えて描かせていただきました。

実はこの絵を描くかなり前に、少しでも木葉きろはさんの画力に追いつこうと、一度、家で練習をしたことがあるのでした。これがこちら。

私の持ちキャラ、大海櫻子(旧姓、飯田櫻子)で、練習。このポーズむつかしい!!

実際描いてみると、案外、このポーズむつかしかったです。
でも、ちょっと足を長めに描く分、キャラクターの奥行きを出すのが、この絵の面白いところです。
こんな芸当をさっとやってのける、木葉きろは先生!脱帽です。
木葉きろはさん、描かせていただきありがとうございました。

ここ2作、えきのて内輪ですみません。
気の知れた仲間内でしたら、駅ノート絵師バトル(前の人の作品をオマージュして描く)も面白いのでぜひやってみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です