• 駅ノート絵師の情報サイト

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの親不知駅に来ました。
JR時代から何度か下車したことのある駅で、冬は荒れ狂う日本海の波の音が聞こえる、荒々しい駅というイメージでしたが、この日はとても穏やかな駅でした。

駅は1面2線の島式ホームで、駅舎とホームは構内踏切で結ばれています。
この前に訪問したJR大糸線とは打って変わり、貨物列車も通る線区で、立派な瓦屋根の駅舎があります。

5月なのにすこし汗ばむ陽気です。
駅舎の中に入ると少し涼しく、とても過ごしやすかったです。

ホームの撮影をします。
やや狭いホームですが、高速道路の下は、親不知海岸です。
海岸には親不知駅から糸魚川寄りに少し歩くと、線路を越えれるので、海岸に出ることができます。
ただし、この日は穏やかですが、冬場などとても波が高く、危険です。
くれぐれも、無理されないように。

駅舎の中に駅ノートがありましたので描かせていただきます。

jホームから見た駅舎をメインに描かせていただきました。
駅舎を描きだすと、面白くてやめられません。
いくらでも描きたしたいのですが、時間もありますので、いいところでやめておきました。
時間無制限なら3時間くらい描いてそうです。

駅ノートには、たくさんのイラストがありました。

たくさんの駅ノートイラストがあり、とても目の保養になりました。
時間も過ぎているので、次の駅に移動します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です