• 駅ノート絵師の情報サイト

東北の旅3日目、早朝に大館の街を出発したのもつかの間。
大館駅前の秋田犬の郷に立ち寄り、秋田犬の可愛さに見とれること数時間。
あろうことか巨大秋田犬クッションを買ってしまいました。
超かわいい秋田行くに後ろ髪をひかれつつ、ふと見ると廃踏切。
しかもワイヤー式の吊踏切の跡であることがわかり、調査をしたところ、かつてここから小坂鉄道が走っていたことが判明!
駅跡か鉄道施設も廃止のまま残っており、これは面白そう!と急遽配線巡りをすることになりました。
道々に鉄遺構をみながら、終点の小坂駅。
ここは小坂レールパークとして、鉄道施設になっており、見学して、半日が終わりました。

それで旅は・・・
小坂駅近くからちょうど高速道路のICがあり、安比高原あたりまでは一瞬で来れました。
そして目的駅の一つだった、安比高原駅に到着です。

高原という名の付く駅だけあり、白樺の林、手入れされた芝、ゴルフやスキーなどリゾートにふさわしい玄関の駅でした。

駅ノートをを描かせていただきます。
描いていると列車の時刻に合わせて到着する送迎バスに乗ってこられた方が数名来られました。駅ノートはいったん手放し、ホームや駅舎を散策します。
その後、旅人さんが去られたので、再び描き始めました。
時間があったので部分カラーで仕上げてみました。

駅ノートには、たくさん作品がありましたので紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です