• 駅ノート絵師の情報サイト

山陰本線の諸寄駅に来ました。
駅舎が古くとても趣のある駅で、訪問してみたかった駅です。
この訪問の2年前、家族旅行で諸寄の海水浴場を訪問しました。
後で調べてみると、この駅から徒歩5分で海水浴場につくことができるようです。列車でも来れる場所なのですね。

駅ノートを描かせていただきました。
実際この駅の滞在時間は1時間少し。
その間に撮影して、下書き→ペン入れ→下書きの線を消して→塗りこみ→線の協調→完成した絵のスキャン。
私の駅ノートを描くときの手順なのですが、もう時間が全然なく、列車入線のタイミングでスキャンがちょうど完了し、慌てて乗車しました。
この1時間後でもよかったのですが、ちょっと雑になってしまったなぁというのが本音です。

キャラクターは服装をマイナーチェンジして、大きく描く事で時短できる・・・と言われていますが、私の場合、髪の毛や服の塗り込みで、それほど時間は変わりませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です